FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I wanted to forgive you 

「いつも守られていた」
「いつも愛されていた」
  
君の真意を知ったとき
僕の強さは砕け散った
  
いつもと変わらない笑顔
  
君の優しさに包まれたとき
僕の魂は声を上げて泣いた

信じた者に裏切られる「絶望」
愛した者に捨てられる「孤独」

再び失うことを恐れ  
君の想いに背を向けた私
  
その事実さえ
「私を傷付けた代償」
運命として受け入れる君
  
君は決して逃げたりしない
自分の感情を押し殺しながら
「私を守り、愛し続けること」に徹する
臆病な自分に
これ以上、君を苦しめる権利などあるものか──

神よ
あなたが本当に存在するなら
そして
私の祈りが届くなら
どうか「彼を許す勇気」をください

今度こそ
私の「真実」を君に告げよう
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ハラメグ

管理人→ハラメグ
思春期に書き溜めた詩集(一部新作)です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。